自分でクルンとカールが出来る!セルフまつ毛パーマ

自分でビューラーをするのは面倒。そんな時にまつ毛パーマを自分でする事が出来ます!

Archive for the ‘自分でやる時のコツ’ Category

やり方と手順

without comments

初めての方でも、短時間でまつ毛を根本からしっかりとカールできるやり方をご紹介しますね。

おおまかな手順は次の通りです。

<ステップ1>
ロットをまぶたにグルーで固定して、まつ毛をロットの表面に貼り付けましょう。

<ステップ2>
1液を塗って、約15分放置しましょう。

<ステップ3>
1液を拭き取って、2液を塗って約15分放置しましょう。

<ステップ4>
2液を拭き取って、水で湿らせたコットンなどでロットを静かにはずして、目元を軽く水洗いして終了です。

これだけで、簡単にパッチリ大きな目を手に入れられちゃいます。
貧相だった私の目元も、あっという間に華やかな印象に早変わりしましたよ!

でも、1回目は見事に失敗しました・・・。
私は、二つの失敗をしてしまいました。
そこで、みなさんには失敗してもらいたくないので、私の失敗経験をお話しておきますね。

一つ目の失敗は、まつ毛のカールが左右でバラバラになってしまったことです。
パーマ液の分量がまちまちだったし、ロットにまつ毛を巻き上げるときの引っ張り具合が微妙に違っていたみたいなんです。
だから、左右のカールが、キレイな対称にならなかったんです。
見事にちぐはぐなまつ毛が出来上がってしまいました。

みなさんが初めてパーマをかける時は、パーマ液の分量をキッチリと合せることと、左右対称になるように丁寧に巻き上げるようにしてみてください。
ほんの微妙な差が、残念な結果を生んでしまいますからね。

二つ目の失敗は、パーマがすぐに取れてしまったことです。
パーマ液の分量が少なかったし、浸透させる時間がどうやら短かったみたいなんです。
結果、3日でパーマが取れてしまいました。
説明書をよく読んで、適正な分量で、所定の時間浸透させることはもちろんですが、まつ毛の性質によってもパーマのかかり具合が変ってくるようです。
やわらかいまつ毛の方は短い時間でもかかりやすいですし、固めのまつ毛の方は、少し長めの時間を置くと良さそうですよ。

Written by admin

9月 5th, 2014 at 12:00 am

成功させるコツ

without comments

まつ毛パーマは、ロットに専用の粘着剤(グルー)を塗って、まつ毛を一本一本丁寧に巻きつけて、パーマ液で仕上げるものです。
理想の目元に仕上げるコツは、まつ毛の長さや、まぶたの形に合わせてパーマをかけることです。

いくつかポイントがありますので、ご紹介したいと思います。

まずは、ロットの使い方についてです。
ロットにまつ毛を貼り付けやすくするために、パーマをかける前に、軽くビューラーでまつ毛を上げておくと、いい感じに仕上がりますよ。

あと、「こんなもんでいいかな?」なんて、雑に貼り付けちゃうと、バラついたまま形が固定されてしまいまって、キレイに広がりませんよ。
キレイに細かくまつげを広げて、貼り付けましょうね。

次に、パーマ液についてです。
パーマ液は、根元にはたっぷりとつけて、毛先には少なめにつけると、自然に仕上がりますよ。
そして、まつ毛が固めな方は、20分くらい時間を置くと、しっかりとカールが形状記憶されますよ。

さらに、アフターケアについてです。
パーマ後は、トリートメントをすると、まつ毛のカールを長く維持することができますよ。

わずか、20分程度で、印象的なパッチリ目も、自然なカールも実現します。
「まつげが短くて、ビューラーだとカールがうまく出ない・・・。」、「量が少なくて、マスカラたっぷりメイクが大変・・・。」など、まつげに関するお悩みをお持ちの方は、是非1度お試し下さい。

Written by admin

7月 21st, 2014 at 12:00 am

ロットについて

without comments

みなさんの中には、まつ毛が上がりさえすればいいと思っている方もいらっしゃるかもしれませんね。
でも、カーブが強すぎるロットを使うと、まぶたにくっついちゃうくらいカールしてしまう恐れがあります。
だから、ロット選びと使い方には注意が必要です。

セルフパーマのキットを使う場合、ロットのサイズが、S・M・Lの3種類から選べます。
だから、自分の好みの巻き具合に調節できます。

自分のまつげの長さによって、適切なロットのサイズを選ぶと、キレイに仕上がります。
長さに合わせてサイズの目安が表示されていますので、そちらを参考に選ぶと良いでしょう。

まつ毛をロットに巻きつける時、細かく広げて並べないと、不規則な方向で固定されてしまいます。
いかに丁寧に巻いていくかというのもポイントです。

それに、とても難しい部分でもありますが、左右のバランスも大切です。
もし、左右のまつ毛の長さが違う場合、左右のロットのサイズを変えるなど、なるべく均等になるように工夫した方が良いでしょう。
左右のバランスをつかめるようになるまで、何回か試さなければならないこともありますので、自分で前回の仕上がりを覚えておきましょう。

根元部分からロットに巻いていくのですが、ロットは柔らかくて、適度な弾力の素材ですので、ビューラーで毎日折り曲げるより、はるかに負担が少なくて済みます。

コツをつかんで、バランス良く仕上げたいものですね!

Written by admin

6月 27th, 2014 at 12:00 am

イメージアップにつながる

without comments

まつ毛パーマをかけると、イメージアップにつながりますよ。

パーマ後はまつ毛が根元から立ち上がるので、目が大きく見えます。
まつげのカールをキープできるので、視覚的にボリュームアップが期待できるんですよ。

でも、まぶたにくっつくほど上げてしまうと、不自然ですよね。
メイクの時にマスカラが塗りにくいし、正面からみるとちょっとおかしい感じがします。
適度なカール具合にできるようにしたいものです。
ちょうど良くカールできれば、ビューラーで上げるよりも、マスカラを塗りやすくなるし、相乗効果でさらに目が大きく見えます。

一重か二重か、まぶたの重みで、印象もだいぶ違いますよね?
特に一重の方は、重たいイメージの目元に感じている方が多いようです。
そこで、まつ毛を上にクルッと上げてみてください。
パッチリした目元になることで、重たいイメージがなくなりますよ。

あと、うれしいのが、スッピンでもキレイでいられることですね~。
メイクをするほどでもない外出とか、休日とか、パーマがかかっていれば、目元だけでもオシャレできている感じがしませんか?
何となく自信が持てますし、誰かに会っても平気っていう気分でいられますよね~。

メイクをした時も、華やかな印象にできますよね。
アイシャドーが映える目元になりますし、アイラインの効果も倍増します。

スッピンの時も、メイクをした時も、パーマの効果で目元に自信が持てますし、明るくて華やかなイメージになれますよ!

 

Written by admin

5月 21st, 2014 at 12:00 am

素人でも大丈夫?

without comments

セルフキットは、素人がまつ毛に自分でパーマをかけるものです。
自分でできる手軽さは魅力ですが、危険性はないのかと、不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。

もちろん一番安全なのは、美容院に行ってパーマをかけることです。
でも、セルフキットでも、使い慣れれば、素人でも安全にパーマをかけることができます。

美容院で使うまつ毛用のパーマ液は、もちろん、プロ仕様のものですので安全性は高いです。
でも、セルフパーマ人気が高くなっているのに伴って、セルフのパーマ液でも安全性の高いものはいっぱいありますよ。

どんなに気を付けても、使い慣れるまでは、パーマ液の扱いは難しいものです。
不安な方は、液体のパーマ液よりも、垂れにくいクリーム状のパーマ液を使ってみるといいですよ。
液体タイプに比べて液垂れしにくいから、素人さんでも目に入る可能性が低いです。

あと、保湿トリートメントで仕上げるのもおすすめです。
パーマの持ちが断然良くなります。
それに、繰り返しやっても、抜け毛や切れ毛にならなくなりますよ。

美容院でパーマをかける方が多いのも事実です。
でも、逆に、美容院でパーマをかけることのデメリットもあります。
使用するパーマ液によってもそうですが、液の浸透具合などによって、まつ毛の上がり方は変わります。
美容院だと、けっこう、すぐにパーマが取れるというクレームをつけるお客さんも多いらしく、浸透させる時間を長く置かれることもあるみたいなんです。
だから、思ったよりもきつめにカールしちゃうこともあって、希望通りにいかないこともあるそうです。

カールラインを大事にしながら、希望の上がり具合に近づけるようにするには、使い慣れて、自分でパーマをかけた方良さそうですね。

とにかく、まずは、手元に準備してみましょう。
使い始めないことには、上達もしませんよ。
セルフキットの購入は、一番種類が豊富な通販がおすすめですよ。

Written by admin

4月 11th, 2014 at 12:00 am